神社仏閣めぐり、浅草散歩、旬を楽しみながら暮す日々の記録です


by pinkno-kobuta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:映画・本( 18 )

身近な大切な人を応援したくなりました。
一緒に過ごせる時間、
このなんでもない時間を大切にしないとな。
いつか離れ離れになる時がくるんだもん。

印象に残ったこと
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-04-18 22:59 | 映画・本

東京島 今回も・・・

人間のうすぼんやりとした闇、普段は目にすることのない奥底に潜んだ醜さ・・・などが読み進んでいくうちにいやな気持になる理由か。でも、ハッとしたりもするのだけど。

桐野夏生さんの本は、題名やアイデアのおもしろさ、文章力の凄さ
そういう部分が魅力ではあるけど、読後感が良くない。
好きな作家ではないのに、なぜか手に取ってしまう不思議。

先月「女神記」を読んだ。古事記の世界は不思議で、奥が深い。
桐野流になるとこうなるのか・・・そういう意味で興味深かった。
でもやっぱり読み終わった後は、どょ~んとした気分。


「女神記」の前に書かれた「東京島」に興味がわいたので読んでみた。
なるほど、東京島が書かれたからこそ、「女神記」が生まれたんだな。
その意味で発見があったけれど、スランプかしら?と思うほどよろしくない。
ストーリーの巧みさや歯切れの良さが全くなくて・・・いろんな伏線を張っていた割には、すべてがうまくつながらない感じ。どれも中途半端、そして無理やり幕を引いた感じがする。
実験的作品という感じ。
少し残念。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-04-10 22:43 | 映画・本
「未来を写した子どもたち」
「闇の子供たち」

More
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-04-05 22:23 | 映画・本

トワイライト試写会

d0029066_20261985.jpg仕事を大急ぎで片付けて、向かったのは有楽町朝日ホール。「トワイライト」の試写会♪

山田花子さんの初恋トークが30分ほどありまして。
TVと違って、実物はとてもキュート。かわいいなぁ、ドレス姿似合ってました。

トワイライトはヴァンパイアと人間の恋の話。
禁断の恋ってどうしてこんなにトキメクのでしょう?会場に居た女子はほぼ擬似恋愛状態。女性はたぶん、ヴァンパイアに弱いのだ。みな美しくて、簡単に騙されちゃうな。
彼も素敵だったけど、彼女も素敵。「大切な人の身代わりに死ねるなら、いい死に方だ。後悔はしない」
私もかくありたいと思うのだが、実際は?土壇場で逃げ出さないといいけど(悩)

今夜の試写会はイケメン・ヴァンパイアも恋する(笑)禁断の香り「サファイアキャンディ」(オードトワレ)付。とりあえずパジャマにスプレーし、余韻に浸りながら眠りますZzz~。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-03-26 23:50 | 映画・本

すあまな時間

d0029066_6352679.jpg早起きして、「女神記」を読んだ。桐野夏生さんの本は興味深く、巧みな表現でぐいぐい読者を引っ張っていくところがあるが、私はいつも最後まで読めない。珍しく今回はあっという間に読み終えたけれど、力が抜けていくのはいつもと同じ。哀しく、憂鬱。心が萎えている。

憎しみ、恨み・・・負の感情からは、望む答えは何も生まれない。その思いに一度捕らわれたら、なかなか抜けることができない泥沼へと堕ちていく。たとえ自分が正しくとも、インドの神、アスラのようにそれにこだわり過ぎては前に進めない。誰にだって間違いはあるし、状況は刻々と変わっていくのだから。
今、何をなすべきか、自分が何を望んでいるのか、だたそれだけを心において、前を向いて歩いていこう。

感想をブログにUPしようと思ったら、パソコンが大変な状態に!メールソフトは初期設定にもどっているし(全てのデータが消えていた)、HPの設定も変わっているし・・・どうやらスパイウェアの仕業のようで。
結局一日ががりで、復旧作業。なんとか以前に近い状態に。セキュリティ大切ですね。
負の感情に捕らわれず、前向きに・・・頑張ればなんとかなります。しかしこの他は何もできなかった一日。
ちょっともの足りないような、これでちょうどいいような「すあま」な感じの休日とでした。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-03-15 06:32 | 映画・本

3月の映画

「帰らない日々」
「ボーダータウン 報道されない殺人者」

どちらも重い・・・。

More
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-03-04 12:56 | 映画・本

映画いろいろ

d0029066_7392052.jpg1月下旬から2月に観た映画。「イエスタデイズ」の影響で、最近ペペロンチーノばかり食べてます。


「やさしい嘘」
「ロスト・イン・トランスレーション」
「イントゥ・ザ・ワイルド」
「落下の王国」
「トウキョウソナタ」
「イエスタデイズ」
「サンジャックへの道」

More
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-02-08 17:16 | 映画・本
『あぁ、結婚生活』
人生は思い通りにいかない。予期せぬ結末が待っているから、深刻になりすぎないことなんだな。ピアース・ブロスナン相変わらず、濃いな。

『コレラの時代の愛』
なんだかよくわからないまま終わった。
お医者さん役の俳優さんはかっこいいけど、主役は・・・ちょっと気持悪くてだめでした。
どいつもこいつも利己的すぎるね。人間は本来そういうもの、わかっているが、あまりいい感じはしない。
女の執念深さは有名のようだけど、男の場合はドラマチックになるのか?
そう言えば、尾崎紅葉作『金色夜叉』
お宮の裏切りに激怒した貫一が「来年の今月今夜のこの月を、再来年の今月今夜のこの月を、10年後の今月今夜のこの月を、僕の悔し涙で曇らせて見せようぞ」

ああ、怖い。その執念が、たいがい人生を棒にふらせるんだ。
色即是空、この言葉を捧げよう!
もちろん、自分にも。


『X-MEN ファイナルディシジョン』
ラスト30分で寝てしまい、結局どうなったのだろうか?
目が覚めた時には、ウルヴァリンがジーンの命を奪うシーンだった。一番大事なところを見逃した。一日3本映画を観るのはやめましょう。疲れて寝てしまうしね。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-01-11 10:41 | 映画・本

09最初に観た映画

「転々」・・・主演:オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子 監督:三木聡
「グーグーだって猫である」・・・主演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮 監督:犬童一心

メモ
[PR]
by pinkno-kobuta | 2009-01-04 21:01 | 映画・本

かもめ食堂

d0029066_21131062.jpg小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ出演、フィンランドで食堂・・・それだけで、おもしろそうな予感。コメディータッチなのかと思ったら、割と淡々としてました。

疲れ果てた迷子の大人達がたどり着いた場所が「かもめ食堂」
違うなぁ・・・迷子の時間を楽しむ大人が集う「かもめ食堂」だわ。

勢いで乗り切れるほど若くもなく、目標とする夢があるわけでもない、フィンランドまで来たけど、何をするわけでもない二人の女性を温かく迎える「かもめ食堂」

そんな場所があったらいいなぁ、そんな場所を自分が作れたらいいなぁ、
なんて思いながら観ました。

潔いサチエの言葉
「やりたくないことは、やらないだけです」
きっと、その言葉にたどり着く前に、たくさんたくさん
「やりたくないこと」やってきたんだろうなぁ。

d0029066_21132040.jpgこの映画、もうそろそろ力を抜いてもいいんだよって言ってるみたいでした。

かもめ食堂を観た翌朝、炊き立てのご飯でおにぎりを作りました。
無性におにぎりが食べたくなったのです。
次はシナモンロールを焼こうっと!

かもめ食堂
[PR]
by pinkno-kobuta | 2007-04-16 21:39 | 映画・本