神社仏閣めぐり、浅草散歩、旬を楽しみながら暮す日々の記録です


by pinkno-kobuta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:お気に入り( 21 )

d0029066_716458.jpg
d0029066_7165666.jpg

毎年恒例のおでかけ花火。
友人が席の抽選当たったので、今年はいい場所で見られると思ったら・・・。
当日忘れてきちゃった(笑)

でも、どこでみても美しいのです。

今年のつまみは
[PR]
by pinkno-kobuta | 2010-09-02 07:24 | お気に入り
d0029066_728296.jpg

実家の夏にかかせないもの。
大門素麺と加賀棒茶

素麺は揖保の糸が有名だけど、こっちの方が好き。
食べ慣れてるからかしら。
加賀棒茶は麦茶よりも香ばしくていいのです。

どちらも子供の頃からのおつきあい。
末永くよろしくお願いします。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2010-09-01 07:27 | お気に入り

飛行船と桜

d0029066_9202442.jpg

桜の季節は、あっと言う間に駆け抜けて行きましたね。

今年もいい風景にたくさん出会えました。
東京の春は美しい
[PR]
by pinkno-kobuta | 2010-04-13 07:10 | お気に入り
d0029066_22474638.jpg
d0029066_22475666.jpg

百段階段の素敵なお部屋で、お雛様鑑賞。
漁樵の間、山形県酒田市加藤家のお雛様素晴らしかった~


目黒雅叙園 雛まつり

More
[PR]
by pinkno-kobuta | 2010-02-19 22:48 | お気に入り

引き出しの中

d0029066_7124221.jpg誕生日やお祝いのカード、
お店で買えば綺麗で簡単なのですが、時間が許せば手作りしてます。

この引き出し、
プレゼントについてきたリボンや包装紙、100円ショップで買ったスパンコールなどぐちゃぐちゃ入れてます。開けるたび、心がウキウキ。


お気に入りはマスキングテープ。
引越しの時、業者さんが使っていた白いテープと同じものだけど、
細く、カラフルなバージョンです。
和紙の風合いもいいし、文字も書けるので、
ヘビーユースです♪
[PR]
by pinkno-kobuta | 2008-08-28 07:16 | お気に入り
d0029066_7405544.jpg
6月13日は九頭龍神社の例祭です。
d0029066_7411328.jpg
去年、九頭龍神社が友人間で話題になり、一度行ってみたいなぁと思っていたのでした。船でしか行けないとか、月に一度しか参拝できないとか・・・謎につつまれていましたが、実際は歩いていけるし、参拝もいつでもできるようです(笑)
d0029066_781416.jpg
とにかく大勢の人が押し寄せてましたよ。某有名人の方もいらしてました。
d0029066_7414380.jpg
例祭がとり行われている間、心地よい風が吹いていました。
静かで、光に透ける新緑も美しくて、とてもいい気分になりました。
d0029066_742243.jpg
無事、参拝ができて良かったです。何も考えてない割には、いい感じで全てが進んでいきました。
それにしても、人混みは苦手です。
次に来る時は、歩いて参拝しようかな。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2008-06-17 07:40 | お気に入り
d0029066_6183344.jpg
鎌倉最古ともいわれる由緒ある神社です。鎌倉時代には、頼朝や政子、実朝らがお参りしていたそうです。さて、石段を登りますか!
d0029066_6185257.jpg
登ると、お社の他にも、由比ガ浜が一望できてよかったです。
d0029066_6191742.jpg
とても静かな場所でした。北条時宗が使ったという産湯の井戸や、万葉集にも登場する「鎌倉」の名が刻まれた句碑。その歌の舞台となった場所はこの神社周辺ともいわれているそうです。


甘縄神明宮 :神奈川県鎌倉市長谷1-12-1
江ノ電由比ガ浜駅より由比ガ浜大大仏方面へ、鎌倉通りを市消防署右折突き当り徒歩10分

ご祭神は天照大御神、子宝の御利益がある神社としても知られています。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2008-06-02 06:17 | お気に入り

鎌倉旅行2006 ⑦円応寺

d0029066_22225974.jpg
別名「閻魔堂」 建長寺を出てすぐの場所にあります。
d0029066_22232379.jpg
境内はあれ?というぐらいに狭いのですが、このお寺がとても気に入りました。
閻魔様と言えば、「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」という怖いイメージでしたが、ここで考えが180度変わりました。閻魔様の説明が、泣けちゃいます。
d0029066_22233926.jpg
こちらの閻魔様は運慶作だとか。彼が死にかけた時、閻魔像を彫って広く伝えるように言われて生き返ったそうです。生き返った嬉しさを感じつつ彫ったので、閻魔様のお顔がなんとなく笑って見えることから笑い閻魔と呼ばれるようになったらしいです。

この閻魔堂は十王思想に基づいて他に9体の裁判官が安置されています。
「十王思想」初めて知りました。
人が死ぬと7日ごとに裁判を受け49日に閻魔様。その後100ヶ日、1周忌、3回忌にも裁判を受けるという考え方です。故人の供養はこの思想に基づいて行われているのですね~

お寺の中央には、座れるスペースがありました。
ほぼ等身大に作られた裁判官達に囲まれていると、
自分が裁判を受けているようで、
いままであったいろんな出来事を回想し、神妙な気持ちになりました。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2008-04-17 22:26 | お気に入り
d0029066_7244399.jpg
半僧坊大権現様に到着
ふぅ~、かなり歩きましたよ
d0029066_7245911.jpg
さすがに眺めもいいです。
実は、ここに何があるのか知らずに歩いていたの。
建長寺の守護神様がいらっしゃるとは・・・・行って良かったです。
d0029066_7251683.jpg
誰もいない御社で一息つき、
さて、来た道を戻りましょうか。
d0029066_2225928.jpg

[PR]
by pinkno-kobuta | 2008-04-16 07:21 | お気に入り

鎌倉旅行2006 ④建長寺

d0029066_2146874.jpgd0029066_21462597.jpg









d0029066_21464143.jpgd0029066_2147199.jpg









d0029066_21471727.jpg

けんちん汁で有名な建長寺
臨済宗建長寺派の大本山だけあって、大きいです。
立派な三門!
一番感激したのは、境内の「木」
生命力がみなぎっているのです。
なんていう種類の木かしら?

鎌倉時代(1253年)の創建で、本尊は地蔵菩薩、開基は北条時頼。
[PR]
by pinkno-kobuta | 2008-04-14 21:45 | お気に入り